続・塚田賞作品の魅力(22)(近代将棋平成8年12月号)②

今回は中篇部門を取り上げます。
第72期(昭和63年7~12月号)

中篇賞 相馬慎一作
「初雪」



相馬慎一作(昭和63年7月号) 詰手順
2七飛 ②2六銀合 同飛 ④2五銀合 同飛 2四銀合 ⑦同飛 ⑧2三銀合 1四桂
1三玉 2三飛成 同玉 2二飛 1四玉 ⑮1五銀 同玉 2六角 1六玉(途中図)

途中図(18手目1六玉まで)
第72期相馬氏作

2七銀 同玉 4八角 ㉒1八玉 2九銀 同と 2七角 1七玉 2六飛成 2八玉
1九銀 同と ㉛4九角 1八玉 2七龍まで33手詰
とにかく2七飛…1四桂…と打って行くしかない初形。色々な合駒があり得ますが、結局は毎回、斜めに利く銀を飛頭に打たないと早く詰んでしまいます(②2五桂合なら1四桂、1三玉、2二角、2四玉、1三角打以下、④2四銀合なら1四桂、1三玉、2二角、1四玉、1五銀以下)。これらの変化の他に、序盤には⑦2三銀、同玉、1二角…、⑦1一銀、同玉、2三桂…や、⑨2一飛、同玉、2三飛成…など、際どい紛れが沢山あります。
銀が四枚も手に入ったので、2二飛と据えてベタベタ打って行くのかと思ったら、あて違い。⑮2五銀では1五玉、1六銀打、2六玉、4八角、1七玉…とこの銀の陰に入って1二飛成が出来ず、詰みません。そこで2七銀捨てから4八角と開き(㉒1七玉なら2六角以下)、さらに2九銀1九銀と味の良い打ち捨てでと金を移動させ、最後は角の開き王手(㉛1六角でもよい)で詰み上ります。無仕掛から四銀連合と四銀打ち捨ては初入選の作者とは思えない力作でした。
岡田敏「まず盤面小駒の無仕掛で解図者の気を引いて、手順がまた素晴らしい。連合で得た四銀をすべて捨駒で表現したのには感心した。傑作」
吉田健「四銀合の発生と消費は鮮やか」
柏川香悦「無仕掛の舞台で四銀連合をズバリ表現した点、若々しさを感じる好作。ただ収束がスッキリ行かなかったのは惜しい」
伊藤果「殆どの駒が不動駒なのが少し気になるが、無仕掛で四銀連続捨合とは完全であるとは信じられない。それにしても頼もしい新人が現れたもの」


中篇次点 水上 仁作


水上 仁作(昭和63年10月号) 詰手順
①2三角 同玉 3四飛成 1二玉 ⑤1三香 同玉 3五角 ⑧2四角合(途中図)

途中図(8手目2四角合まで)
第72期水上氏作

同角 1二玉 1三角成 同玉 5七角 ⑭2四角合 同龍 1二玉 1三龍 同桂
2四桂 2一玉 3二角 3一玉 4一歩成 同銀 7五角 4二銀 同角成 同玉
4三銀 5一玉 4一角成 同玉 3二桂成 5一玉 4二成桂まで35手詰
合駒を稼ぐつもりで①3四角と離して打つと、1三玉と躱されて詰みません。5手目も⑤1四香と離すと同飛、同龍、1三桂、2四桂、2一玉、3二桂成、同玉、3三と、同玉、3六飛、3五歩合…で逃れます。
3五角出に⑧1二玉は2四桂以下なので合駒の一手ですが、⑧2四香なら同角、1二玉、1三香…、桂合なら同角、1二玉、1三角成…で簡単。角合(途中図)の場合は同龍、…1三龍…2四桂…3二角…4一歩成…で行けそうですが、届きません。
そこで角の打ち換えに気づき、途中図の3五角を4六角と置き換えておいて先の手順を進めると、4一歩成、同銀のあと6四角出があって4二銀以下の収束に入ります。
ところがこれが落とし穴。⑭1二玉の変化で2四桂、1三玉、3二桂成のときに4六飛と角を素抜かれてしまいます!5七角ならここで⑭4六歩合、同角以下早詰めで、合駒は無効。ところが6八以遠なら後の角出に対して飛車の横利きがあってダメ。つまり、1六飛の配置で5七角の打ち場所限定となっているのです。さりげない実戦型から角香の短打に始まり、角の打ち換えを見事な限定打で飾る本格的な構想作でした。
なお、作者は8月号にも5九香の遠打ちの傑作(45手詰)を発表して気を吐きました。
水上氏は現在は月刊『詰将棋パラダイス』の発行者となって、詰将棋文化の継承発展に専心しておられます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR