続・塚田賞作品の魅力(18)(近代将棋平成8年8月号)②

今回は中篇部門を取り上げます。
第68期(昭和61年7~12月号)

中篇賞 若島 正作


若島 正作(昭和61年11月号) 詰手順
5五角成 ②3三飛合 同香 2二玉 3二香成 1三玉 2三角成 同香 1五飛
1四角合(途中図)

途中図(10手目1四角合まで)

第68期若島氏作

2二馬 2四玉 3三馬 1三玉 2五桂 同香 1四飛 同玉 2三角 1三玉
1二角成 同玉 2二馬まで23手詰
初手は3三角を開く一手ですが、常識的には4四角成でしょう。以下3三金合(歩合は3二角成、同玉、3三馬…)、同香、2二玉、(a)3二角成、1一玉、2一馬、同飛、3二香成までは調子よく進み、2二歩合や桂合なら詰みますが、2二金合…でどうにもなりません。途中、(a)2三金、1一玉、3二香成としても(イ)4四飛で馬を素抜かれます。
ここで初手が5五角成なら(イ)4四歩合、同馬…で一歩稼げて詰むことに気付くかどうかが解決への糸口です。
もう一度、初手5五角成に②4二玉は4一角成、同玉、3一飛、4二玉、6四馬、5三歩合、3二香成、4三玉、3三成香…で詰むことを確かめ、2手目3三飛合も読んでみると、なんと同香(④4二玉なら4一角成、同玉、3一飛、4二玉、3二香成、5三玉、4五桂…)以下が1五飛に角合(途中図)も入り、角桂を捌いての綺麗な手順になり、これが作意と判明します。
玉方に3三飛合をさせるには5五角成と不利なところに開かなければならないというのは心理的にも論理的にも絶妙手で、この新手を僅かの駒配置で実現した傑作です。
伊藤果「インパクトある初手。完成品」
桑原辰雄「初手5五角成はプロ棋士をも欺く一手で、新手の評価は充分」
吉田健「初手の鮮烈さ。ムリのない棋形からこんな手がとび出すのが素晴らしい。後続手段も万全である」
柏川香悦「駒数も少なく、近代的。5五角成は、塚田先生なら玄人っぽい一手と言われるでしょうね。知的感覚溢れる傑作」
植田尚宏「初手に比重のかかった作だが、以下の捌きが良い」


中篇次点 上田吉一作


上田吉一作(昭和61年10月号) 詰手順
1九飛 1八銀合 3八馬 ④3七角合 1八飛 同玉 2七銀打 ⑧同と 1九歩 同角不成
2七銀 1七玉 1六銀 3七金合(途中図)

途中図(14手目3七金合まで)
第68期上田氏作

同飛 同角成 2七金 1八玉 1九歩 同馬 1七金 同玉 2七馬まで23手詰
初手から2六馬、同玉、2七銀では1七玉、1九飛、2八玉…と飛車の懐に潜られて手こずります。先に1九飛と廻っておけばそれは大丈夫ですが、1八銀か角合をされると2七銀が出来ません。そこで3手目は3八馬と開いて、3七合に1八飛、同玉、1九歩、同玉、4九飛、1八玉、2七銀以下。この1九歩を防いで3七合は角と決まり(④3七桂合なら同飛、同と、2九桂…で早い)、従って2手目も銀合となります。
そこで詰方は手を変えて、1八飛から2七銀打(⑧1七玉なら2六銀、同歩、3七飛、2七桂合、同飛、1六玉、1七飛、2五玉、1四角、2四玉、2五歩…)とし、同とと呼んでから1九歩と叩きます。玉方は同角不成で延命を図りますが、今度は2七銀から1六銀の開き王手で3七金合が出てきて収束に入ることができました。
こじんまりとした入玉図ですが、三回の合駒の綾と角の往復でコクのある攻防手順が楽しめる佳作です。
岡田敏「狭い舞台の中で三度の合駒と角不成を巧みにアレンジ」
金田秀信「僅か九枚の駒でスタートし、銀・角・金合に角の不成まで登場するという内容の濃さ。十カラットのダイヤモンドを見ているような陶酔感を味わうことが出来る」
吉田健「精緻な工芸品を見る思い。ギラギラした狙い手で挑んで来る手順ではなく、パズル的な味の完成度を問う佳品である
柏川香悦「相変わらずの完成品」
谷口均「若島・上田作ともに推敲の行き届いた完璧な作。何でもないところから手を創り、一局の好作に仕上げる力には感心させられる」


若島氏作は「盤上のファンタジア」第60番、上田氏作は「極光21」第7番にそれぞれ収録されています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

若島作品

3三飛合は大道棋で習いある筋なので、仮に初手が4四角成だったなら、「ちょっとよくできた中篇」止まりだったことでしょう。わずか8枚の使用駒数で5五角成が成立したことで、後世に残る作品となりました。
誤解を恐れずに言うと、創作というより発見に近かったのではないかと思います。

名無しさんへ

創作過程は分かりませんが、素晴らしい作品ですねえ…。
プロフィール

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR