続・塚田賞作品の魅力(17)(近代将棋平成8年7月号)②

今回は中篇部門を取り上げます。
第67期(昭和61年1~6月号)

中篇賞 山村浩太郎作


山村浩太郎作(昭和61年4月号) 詰手順
1三歩 ②同桂 4二飛 同角 2二金 同玉 1四角 2五桂 同香 ⑩2四角
同香 3一玉 6四角 5三銀合(途中図)

途中図(14手目5三銀合まで)
第67期山村氏作

⑮2二香成 ⑯4二玉 3二角成 5一玉 7三角成 6二金合
6三桂 6一玉 7二銀 同金 6一馬まで25手詰
すっきりした配置の実戦型ですが、1三歩と打診してみると意外に変化が厄介。②同玉は1四銀、2二玉、3三歩成以下。②同角は4二飛、2二歩合(桂合なら同飛…)、2三銀、同玉、3三歩成、同桂、1四金、1二玉、3四角以下。②2三玉は4三飛、3二玉、3三歩成、同角、4一銀、2三玉、1四金、2二玉、4二飛成、同角、4三角成以下です。
同桂と取るのが作意で、4二飛…2二金と打ち捨ててから1四角の開き王手に2五桂…2四角と二段移動中合で応ずるのが本局の主題で、いずれも玉の退路を開くものです。
この二枚を取った後、6四角打ちに5三銀合(途中図)をするのは⑮3二銀…5四桂…を防ぐため。2二香成(⑯同玉なら2三銀、1三玉、4六角…)の好手で左辺へ追い出し、7三角成以下の収束になりました。
移動合の桂角を事前に動かしておくのが巧みな手順構成で、後半をたった一枚の5二歩だけで成立させた見事な完成品です。
岡田敏「簡潔な実戦型に四回も合駒が挿入されているのに感心。とくに2五桂、2四角の連続移動中合をこの形で表現したのには脱帽した。変化・紛れも適度で文句なし」
谷口均「実戦型とは思えないような妙防を続出させる。収束の合駒非限定は痛いが、好形・好手順の見本のような作である」
金田秀信「簡潔な配置から桂角移動合は圧巻。それも予め1三桂、4二角と動かしてからの狙いの手順だけに素晴らしい。これ以上形をいじって収束を変えることはない」
植田尚宏「二度の移動中合が焦点。それをそつなくまとめたところが良い」


中篇次点 若島 正作


若島 正作(昭和61年3月号) 詰手順
5五飛不成 ②1四玉 2三龍 同玉 5三飛不成 ⑥1四玉 1五歩 ⑧同玉 4八馬
3七歩合 同馬 2五玉 2六歩 ⑭1四玉 3六馬 2五角合 1五歩 同玉
1三飛不成(途中図)

途中図(19手目1三飛不成まで)
第67期若島氏作

1四角 2五馬 同歩 1六歩 2四玉 3三飛成まで25手詰
一見して打歩詰回避の問題とわかりますが、初手から1六銀、1四玉、2三龍、同玉、5六馬、1四玉、4七馬、同歩成、1五歩、2三玉、5三飛成…のような紛れに入ると大変です。本局のカラクリは4三龍を5三飛に替えておくことによって、後に1三飛不成(途中図)を可能にするというものです。
ところが、そこに至るまでの変化も厄介。初手の5五飛不成に②3五歩合は同飛、1四玉、2三龍、同玉、3三飛成、1四玉、1五歩、同玉、3七馬以下、②3六玉は3五飛、同玉、4五と、2五玉、2六歩、1四玉、1五歩、同玉、1三龍以下。7手目1五歩に⑧2五玉は1六銀、3六玉、2七銀、2五玉、2六歩、1五玉、1三飛成、1四合、1六銀、2六玉、2七馬以下です。
9手目4八馬(⑩2五玉なら2六銀、1六玉、1七歩、2七玉、3七馬、1八玉、5八飛成…)と離れて、中合の一歩を稼いでおくのが肝要。この後、2六歩に⑭1五玉は1六歩、1四玉、3六馬、2五桂合(角合なら同馬…)、1五歩、同玉、1三飛成以下(同手数駒余り)という変化もあります。
これらの変化を克服すれば、作意は2五角合から1三飛不成1四角と引く洒落た収束です。余詰消しの3一香だけが惜しい配置ではありますが、若島氏らしい手の込んだ難局でした。
桑原辰雄「飛生を巧妙に仕組んだ難解作」
柏川香悦「中篇らしい構想で、終始好手を盛り込んだ変化・紛れの多い難解作」
谷口均「またも高度なテクニックを披露してくれた。神経をすり減らす難解な一局」
岡田敏「龍を生飛にスリ替えるトリックを巧みに表現しており、コクのある手順は面白いが、形の悪さが減点」
吉田健「いつになく表現が重い。狙ったテーマを図式化するのに苦労を重ねた跡が見て取れる」
植田尚宏「形は悪いが、まさに作ったという感。力でねじ伏せたというところで巧い」



若島氏作は「盤上のファンタジア」第70番に収録されています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR