続・塚田賞作品の魅力(16)(近代将棋平成8年6月号)④

今回は長篇部門の三回目です。
後回しにしておりました序文・集計表も後ろに掲載します。
第66期(昭和60年7~12月号)

特技賞 藤本 和作
「虹色の扉」



藤本 和作(昭和60年8月号) 詰手順
5六と 同玉 5五と ④4六玉 5六と 同玉 6七と 4六玉 5七と 同玉
7七龍 ⑫5八玉 6九飛 同玉 7九龍 6九飛合(途中1図)

途中1図(16手目6九飛合まで)
第66期藤本氏作1

4九金 同玉 6九龍 5九角合
2九飛 3九金合 同飛 同桂成 同成銀 同玉 5九龍 4九銀合 2九金 同玉
4九龍 2八玉 3九角 2七玉 1七金 3六玉 2八桂 同成香 3七銀 同玉
2八角 同玉 2九香 1七玉 4七龍 1六玉 2七龍 1五玉 1七龍
1六桂合(途中2図)

途中2図(50手目1六桂合まで)
第66期藤本氏作2

1四成香 同玉 1六龍 1五香合 1三桂成 同歩 同銀成 同玉 1五龍 1四歩合
1二と 同玉 1四龍 2一玉 2二歩成 同成銀 同香成 同玉 3三銀 同馬
同桂成 同玉 1五角 [74]3二玉 3四香 同と 同龍 4一玉 4二歩 同と
同角成 同玉 4三歩 4一玉 5三桂 同成香 4二歩成 同玉 5三歩成 5一玉
5二歩 同と 同と 同玉 5四香 4一玉 4二歩 同玉 5三香成 同玉
6四金 5二玉 6三金 同玉 5四龍 6二玉 7四桂 6一玉 7一香成 同と
6二歩 同と 同桂成 同玉 6三歩 6一玉 7二歩成 同金 同と 同玉
6二歩成 同玉 6三金 7一玉 7四龍 8二玉 8三歩 9三玉 9二と 同玉
8二歩成 同玉 7三金 9一玉 9二歩 [136]同玉 [137]8三龍 9一玉
8二龍まで139手詰
世紀の”順列七種合煙詰”の一号局です。七種合煙というだけでも大変なのに、それを〔飛角金銀桂香歩〕の順序で発生させたのですから見事なもの。それまでにも七條兼三氏や新ヶ江幸弘氏が試みて不完全に泣いたという難条件なのです。本局は、煙詰創作の常道である逆算方式でなく正算で作図し、玉方の持駒が少ない前半に合駒を発生させてしまったのが成功の因でしょう。
まず16手目(途中1図)の6九飛合に始まり、九段目という制限を利用して5九角、3九金、4九銀と固めて合駒をさせ、縦追いに入った中盤に、途中2図から1筋で1六桂、1五香、1四歩と続けて合駒を発生させるという着想は奇抜です。
それだけでなく、手順の方もかなり難解。序盤、5五とに④同とは、6七角、4六玉、5五龍、同玉、5九飛、同桂成、5六金、4四玉、3四成香、同玉、3五歩以下(3六歩はこのための配置です)。その後の7七龍に⑫5六玉、4七成銀の変化が厄介。(1)同成香なら同龍、6五玉、7七桂、6六玉、6七龍、5五玉、5七香(4五玉は5六龍、4四玉、3四成香…)、4四玉、3四成香、同と、3三角以下。(2)6五玉なら7六角、5五玉、5九飛、4四玉、3四成香以下。(3)5五玉なら5七龍、4四玉、3四成香、同と、5六桂以下。(4)4五玉なら6七角(5六桂合は同角、5五玉、6七桂…、5六歩合は同成銀、4四玉、3四成香…)、4四玉、3四成香以下。
また73手目1五角打ちに[74]4三玉なら4四香、3二玉、2四桂、3三玉、1二桂成、3二玉、2二成桂以下。この後も剝がしを主体にした手順が60手以上も続きますが、これが粘っこくて、正算で作られたとはとても信じられないほど。最後のところで[136]8一玉…で煙らない同手数変化や[137]8三金…のキズは問題にもなりません。
金田秀信「順列七種合で詰上り最小駒数作品。高く評価したい」
吉田健「順列七種合煙詰の完成品」
復活が望まれる作家の一人です。

この下に序文と集計表を掲載します。

この年「名棋士と語ろう」という連載があり、7月号の「二上達也九段の巻」に筆者が引っ張り出されています。詰将棋に関する先生のお考えも伺えて楽しいひとときでした。十年も経った今では懐かしい思い出です。
さてこの期は、短篇だけではなく中篇も、好作は毎号ありましたが、傑出したものがなくて両部門で”該当作なし”。それに引き替え長篇には超大作が二作も出現し、特技賞も含めて三作が受賞しました。
なお、この年にも十指を越える新人が登場しました。その後も活躍している作家は岡部雄二・鎌田幸雄・河原泰之・大橋健司・山村浩太郎・高坂研といった人たちです。名前を見かけなくなってしまった大半の方々はどうされたのでしょうか。

第66期「塚田賞」選考投票 集計表




順列七種合煙は現在においてもこの一作のみとなっています。

大橋氏は以前にも入選されていると思われます。

以上、通常とは違う構成での掲載でした。
次回からは第17回(第67期)に入ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR