続・塚田賞作品の魅力(16)(近代将棋平成8年6月号)②

今回は長篇部門の一回目です。
第66期(昭和60年7~12月号)

長篇賞 添川公司作
「桃花源」



添川公司作(昭和60年12月号) 詰手順
6九金 4八玉 4九銀 同飛成 5九金打 同龍 同金 同玉 1九飛 ⑩5八玉
4八飛 同玉 3九馬 5八玉 4九馬 6八玉 『5九馬 7八玉 6九馬 ⑳8八玉
7九馬 7七玉 7六と 8七玉 8六と左 9八玉 8九馬 9七玉(途中1図)

途中1図(28手目9七玉まで)
第66期添川氏作1

9六と寄 8七玉 8六と右 7七玉 7九飛 6八玉 7八馬 5八玉 6九馬 4八玉』
5九馬 3八玉 4九馬 2八玉 3九馬 ㊹1八玉 2九馬 2七玉
(1)4五馬 3七玉(途中2図)

途中2図(48手目3七玉まで)
第66期添川氏作2

「3九飛 4八玉 3八馬 5八玉 4九馬 6八馬 『5九馬……7九飛……6九飛
4八玉』 5九馬 [78]3八玉 4九馬 2八玉 3九馬 3七玉」
(この一往復34手を”A手順”とする)
4六馬 2七玉 4五馬 3七玉 (2)5五馬 [88]4七玉(途中3図)

途中3図(88手目4七玉まで)
第66期添川氏作3

「4九飛 5八玉 4八馬 6八玉 『5九馬……7九飛……6九馬 4八玉』
5九馬 3八玉 4九馬 2九玉 3九馬 1八玉 2九馬 2七玉」
(この一往復34手を”B手順”とする)
(3)5四馬 3七玉……二回目A手順…… (4)6四馬 4七玉……二回目B手順……
(5)6三馬 3七玉……三回目A手順…… (6)7三馬 4七玉……三回目B手順……
(7)7二馬 3七玉……四回目A手順…… (8)8二馬 4七玉……四回目B手順……
(9)8一馬 3七玉……五回目A手順…… (10)9一馬 4七玉……五回目B手順……
(11)8一馬 3七玉……六回目A手順…… (12)8二馬 4七玉……六回目B手順……
(13)7二馬 3七玉……七回目A手順…… (14)7三馬 4七玉……七回目B手順……
(15)6三馬 3七玉……八回目A手順…… (16)6四馬 4七玉……八回目B手順……
(17)5四馬 3七玉……九回目A手順…… (18)5五馬 4七玉……九回目B手順……
(19)4五馬 3七玉……十回目A手順…… 4六馬 2七玉(途中4図)

途中4図(736手目2七玉まで)
第66期添川氏作4

3六銀 同金 同馬 同玉 4五銀 
4五銀 [742]2七玉 3八金 2六玉 4八馬 2五玉 3四銀 2四玉 2五歩 同成桂
2三銀成 同香 同と左 3四玉 4五金 同玉 [757]5四銀 3四玉 4五銀 同玉
7五飛 3四玉 4六桂 4三玉 4四歩 同玉 4五香まで767手詰
⑳7七玉は7六と、8八玉、7九馬、8七玉、8六と左、9八玉、8九馬、9七玉…で作意に戻る(中岐れ変化)
馬鋸と智恵の輪趣向を複合させて、この時点で史上第三位の長手数記録を狙った超大作で、それまでの馬鋸による最長手数記録(山崎隆作「赤兎馬」525手詰、詰パラS54・7)を破りました。実はその年の始めに森長宏明作「万里の駒」905手詰が発表されましたが、惜しくも不完全だったのです(なお、同作品は昨年901手詰に修正され、作品集『詰物語』の巻末を飾っています)。
本局の馬鋸は9一歩を取って戻る一往復ですが、普通の馬鋸が一段(つまり二枡)進める度に智恵の輪を一サイクル挟むのに対し、本局は一枡進む毎に一サイクル34手かかる馬と飛車とと金による智恵の輪的往復手順が二十回も入るのが大きな特徴で、この詰棋史始まって以来の新方式によって夢のような超長手数を実現した訳です。
吉田健「馬鋸を素材にこんな超大作が仕立てられるとは!」
金田秀信「凄いの一語である」
柏川香悦「この構図構想でよくもこれだけ手が伸びたものと、只々驚くばかり」
植田尚宏「手数が長いだけで良いとは限らないが内容も素晴らしい」
本局の構想は途中図を見比べれば理解できるでしょうが、変化・紛れも多く、決して易しい作品ではありません。
まず9手目の1九飛に⑩6八玉、4八飛、5八銀合、同飛、同玉(または⑩4九銀合、同飛、同玉、2九飛、5八玉)、6九銀、4八玉、3九馬、5九玉、(A)4九馬…で作意に入ると4手長くなりますが、これは(A)1七馬、4九金合、2六馬、4八金打、同馬、同玉、5八金…の早詰があります。
また43手目の3九馬に㊹2七玉なら、4五馬、3六香合、同銀、同香、同馬、同玉、3八香、3七角合、同香、2七玉、4九角以下。77手目5九馬に[78]4七玉なら、4六馬、3八玉、4九馬、2九玉、4八馬、1八玉、1九飛、2七玉、3六銀以下。
さらに収束の741手目4五銀にも[742]2六玉、4八馬、2七玉、3六銀、同玉、3九飛、2五玉、3六金以下(同手数駒余り)といった変化があります。
なお、発表図は収束に僅かのキズがあり、本図は平成2年に発行された詰将棋研究会作品集『饗宴』に収録された改良図〔1五金→成桂、3七桂→7三と、5六と→金〕で解説しました。何はともあれ、本局は新機軸の馬鋸超長篇大傑作で、看寿の「寿」を越えて、現在でも第六位の長手数を誇っています。



「桃花源」は「妖精」「帰去来」に続いて添川氏の三年連続看寿賞受賞が懸かっていた作品です。
現在においては第八位の長手数となっています。

解説中で言及されていた山崎隆氏作「赤兎馬」を掲げます。


私が書くまでもなく、傑作です。


「桃花源」と聞くと、こちらの作品を思い浮かべる方も多いかもしれません。
詰将棋パラダイス平成18年8月号に掲載された添川公司氏作「新桃花源」を掲げます。



詰手数は1205手、「ミクロコスモス」に次いで第二位の長手数です。

「赤兎馬」「新桃花源」はいずれも看寿賞を受賞していますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

森長宏明氏作「万里の駒」

本文中で森長氏の「万里の駒」に言及されていますが、結局、『詰物語』 (1995年) に収録された修正図も不完全でした。

http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/kenkyu/cholist2.htm

すでにご存じだとは思いますが、念のため補足しておきます。

名無しさんへ

「万里の駒」について補足をしなかったのは不親切だったかもしれません。
名前が初めて出た(12)①に追記させて頂きました。
プロフィール

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR