続・塚田賞作品の魅力(16)(近代将棋平成8年6月号)①

森田銀杏氏の連載「続・塚田賞作品の魅力」、第16回(第66期)は変則的な構成にしたいと思います。
4回に分け、序文と選考投票の集計表は4回目の時に載せる予定です。
今回は、短篇・中篇部門を取り上げます。
第66期(昭和60年7~12月号)

短篇次点 小沢朗久作

近代将棋198511小沢朗久

小沢朗久作(昭和60年11月号) 詰手順
4二角 同銀 3六桂 同と 2五銀 同桂 2一飛 3三玉 4五桂 4四玉
2四飛成まで11手詰
二枚の桂の守りで上からの攻めは直ぐに切れるので、4二角と打って退路封鎖を試みてみます。3三合なら2五銀、同桂、2三飛、3五玉、2五飛成、4四玉、4五馬以下。この変化で初手は5一角と離せないことが判ります。なお、3三桂合をされると右の2五飛成を取られてしまいますが、よく見ると品切れ。3六桂…2五銀…でと金と桂を移動させておいて2一飛が本局の主眼です。その後の手順からは2二飛でも同じようですが、それでは2三桂の捨て合で同馬、1四玉…と逃げられてしまうのです。おそらく2二飛…とした誤答が多かったのではないでしょうか?
短手数の中に角と飛車の限定打をさりげなく織り込んで、初入選の作者とは思えない凝った作り方でしたが、後続の作品が見られないのが残念です。
柏川香悦「角飛の限定打に絡む妙味ある変化や連続捨て駒など、僅か11手詰の短編とは思えぬ内容」
北原義治「不思議に詰め難かった」




中篇次点 原島利郎作

近代将棋198512原島利郎

原島利郎作(昭和60年12月号) 詰手順
1三香 同玉 2五桂 同馬 2三飛 1二玉 2一飛成 同玉 2五飛 同金(途中図)

途中図(10手目2五同金まで)
第66期原島氏作

4三角 3二角合 同角成 同銀 2二銀 1二玉 2四桂 同金 1三銀成 同玉
3一角 1二玉 2二角成まで23手詰
全く無理のない美しい形の実戦型。1三香から2三飛は一目ですが、その間に2五桂を入れておくのがポイントの一つ。その目的は2一飛成…の後の2五飛…を質駒にすることです。途中図から4三角と打てば3二角合が必然(斜めに利かない合駒は2二銀…3四角成…、金銀の合なら同角成…)となりますが、同角成以下は易しい手筋の詰み。つまり、4三角打ちから13手の収束形をきれいな実戦型にまで逆算した中編と言えましょう。
桑原辰雄「古典的感触だが、センスの良さは抜群。特に3二角合は小気味よい」
谷口均「復活以来の大活躍には目を見張る。短中篇部門で、洗練された味のある作を毎月見せてくれる。本局もその特長がよく出ている」
植田尚宏「実戦型好局。手順はありふれているが、形が良い」
岡田敏「美しい実戦型に手順も流麗だが、迫力不足」





次回は長篇部門、いつもですと1回分なのですが3回に分けて一作ずつ載せていきます。

0 Comments

Leave a comment