続・塚田賞作品の魅力(15)(近代将棋平成8年5月号)②

今回は長篇部門を取り上げます。
第65期(昭和60年1~6月号)

長篇賞 駒場和男作



駒場和男作(昭和60年3月号) 詰手順
3八角 同と 2五角 同と 1七飛打 同金 同飛 同玉 2八金 2六玉
3八金(途中1図)

途中1図(11手目3八金まで)
第65期駒場氏作1-1

⑫1五玉 1四成桂 同玉 2四と 同と 同と 1五玉 2五と 1六玉
1七歩 同玉 2八と 1六玉 2七と 2五玉 2六と 2四玉 2五と 2三玉
2四と 1二玉 1三歩 同成香 同と 同玉 1四歩 同玉 1五歩 同玉
1七香 1六歩合 同香 同玉 2七金 2五玉 2六金 2四玉 2五金 2三玉
2四金 2二玉 2一と 同と 同桂成 同玉 3三金 3一玉 2二香成
4一玉(途中2図)

途中2図(60手目4一玉まで)
第65期駒場氏作1-2

3二成香 5一玉 4二成香 同金 同金 同玉 4三銀 5一玉 5二銀成 同玉
5三と右 6一玉 6二と 同玉 [75]6三と 7一玉 7二金 同金 同と
同玉(途中3図)

途中3図(80手目7二同玉まで)
第65期駒場氏作1-3

[81]7三銀生 8一玉 7二金 9二玉 8三桂成 同と 9三香 同と 同歩成 同玉
8四銀直 9二玉 8二金 同と 9三銀 同玉 9四歩 同成銀 8二銀生 9二玉
9三歩 同成銀 同銀 同玉 9四歩 同玉 9五歩 同玉 8四銀 9四玉
9五歩 同金 8三銀 9三玉 9四歩 同金 8二銀 9二玉 9三歩 同金
8一銀 9一玉 9二歩 同金 同銀 同玉 8三金 8一玉 8二金まで129手詰
鬼才・駒場氏が、かつて発表した小駒煙の二号局(本誌、昭和40年5月号)の横追い手順の構成が一号局である黒川一郎作「嫦娥」(詰将棋パラダイス昭和38年10月号)と似ていると評されたことに反発して作り直したもの。75手目からの終盤は原作のままですが、中盤の横追い手順は簡略化しながらも紛れを持たせ、序盤は収束の棒銀手順と対応させた棒金手順を二回も取り入れた上に、序奏で大駒四枚を消して全駒から小駒煙にするという痛快な離れ技を披露しました。
つまり、最初の8手で飛角四枚を消したところで"全小駒図式"になる訳です。このあと、2八金と打って3八金と開いたところで⑫2八角の捨て合に2七金…の軽手を含んだ味のある変化を経て、途中1図からと金による上下追い。二回目は歩叩きから金による縦追いで途中2図まで来ます。
ここからも趣向的な手順で二段目の歩を剝がしながらの横追い。7筋まで来たところで[81]7三銀不成と入るのが好手で、その後40手以上もかかる収束手順に入るのです。
このように途中小駒煙詰という前代未聞の構成にした点が評価され、異例の改作図での受賞。作者にとっても代表作の一つになりました。
岡田敏「史上初の”全駒使用の途中小駒煙”には惜しみなく拍手を贈りたい」
吉田健「煙詰も新味を出すのが大変な時代になったが、最初全駒、途中から小駒だけをキチンと実現させたのには驚いた。誰にもわかる楽しいオリジナリティである。横追い手順の新工夫のほか細部まで神経が行き届き、執念が籠もっていて、芸術的香気をさえ感じさせる」
植田尚宏「ダブル煙と言って、始めにバラバラと大駒を切り捨てるのは良い。自陣成駒があるので美しいとは言えないが、意欲作と見た。後半の歩の連打の金入手は煙の常套手段か」


長篇次点 駒場和男作
「ゼロの焦点」



駒場和男作(昭和60年3月号) 詰手順
6四と ②同龍 6二角 同玉 7二飛 5三玉 5二飛成 ⑧同玉 5一金 同玉
6一金 4二玉 4一金 5二玉 5三歩 同龍 5一金左 6二玉 6一と 7二玉
7一と左 8二玉 9三歩成 同玉 (1)5七角 8四角合(途中1図)

途中1図(26手目8四角合まで)
第65期駒場氏作2-1

9四歩 8二玉 8一と右 7二玉
7一と右 6二玉 6一金 5二玉 5一金右 4二玉 2四角 ㊳同銀 4一金 5二玉
5一金左 6二玉 6一と 7二玉 7一と左 8二玉 9三銀 同角 同歩成 同玉
(2)5七角……(26手繰返し)……9三同玉 (3)5七角……(26手繰返し)……9三同玉
(4)5七角 8四歩 9四歩 8三玉 7五桂 8二玉 8一と右 7二玉
7一と右 6二玉 6一金 5二玉 5一金右 4二玉 2四角(途中2図)

途中2図(117手目2四角まで)
第65期駒場氏作2-2

[118]3一玉 4二銀 同龍
同角成 同玉 5二飛 3一玉 2一香成 同玉 3三桂生 3一玉 4一金まで129手詰
初手6四とに②同歩なら、6二角、同玉、7二飛、5三玉、5二飛成、同玉、6三金、同玉、5五桂、同歩、7二角以下。また②4四玉と出ると、4六飛、3四玉、3三金、同銀、同桂成、同玉、5一角以下。さらに7手目5二飛成で角を取ったときに⑧4四玉と出る手があり、これは6二角、5三角合、同龍、同龍、同角成、同玉、3五角、同銀、5一飛、5二飛(角)合、同飛成…の詰み。いずれも不詰感が漂う難解な変化です。
これらを克服して(或いは読み飛ばして)一段目の金智恵の輪で玉を9三へ運んで5七角(途中1図)と打つのが本局の主眼。玉を金智恵の輪で4二まで運んで2四角と銀を剝がすにはこの場所が絶対で、これを「ゼロの焦点」と作者は言われます。何故か判りませんが、感覚的には納得できる表現です。
この角打ち角合を四回、作者にしては珍しく単純な手順を反復し、最後の2四角(途中2図)に3一玉と下がって4二銀以下の収束に向かいます。なお、銀が残っているときに3一玉…でも全く同じ詰みです。
金智恵の輪を舞台にした単純明快な角の限定打による銀剝がしの趣向作ですが、導入部で難解な変化をつけるあたりが駒場氏らしいと言えましょう。



受賞作ですが、原図や作品集「ゆめまぼろし百番」第12番には「驟雨」という題名が付けられています。
8手目の局面は詰方の持駒に金がありますので正確には全駒煙→小駒煙ではありませんが、大駒四枚を捨てる序は豪快ですね。
まず、原図(「近代将棋図式精選」長編の部第56番に収録)を掲げます。


次に、解説中で言及されていた黒川一郎氏作「嫦娥」を掲げます。



「ゼロの焦点」については、残念なことを書かねばなりません。
発表図には43手目や47手目で7四桂などの余詰がありました。
駒場氏も恐らくそのことをご存じだったのでしょう、作品集「ゆめまぼろし百番」第99番に収録の際には、序の4手が追加されたのと共に、詰方7八歩が配置されました。
上記の余詰は消えたのですが、119手目4一金でも詰むことは消えませんでした…。


次回からは第16回(第66期)に入ります。



既にアップした内容にも、時々「追記」として手を加えていることがあります。
新しく作品を載せていることもあるかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初形全駒、途中全小駒煙

> 8手目の局面は詰方の持駒に金がありますので正確には全駒煙→小駒煙ではありません

これについては私もこの作品の発表当時から多少気になっていました。
「驟雨」から27年を経た2012年に初形全駒、途中全小駒煙の第2作が発表されています。
http://homepage3.nifty.com/1banboshi/kifu4java/02kemuri/k318.html

摩利支天氏の上記作品では、大駒4枚が消えた24手目の局面で持駒がなく、「完全な」全小駒煙となっています。
勝手な想像ですが、摩利支天氏が「桜の花びらたち」を創作したのは、駒場氏作品の8手目で持駒がある点に不満があったからかもしれません。

「ゼロの焦点」

「ゼロの焦点」が不完全とは知りませんでした。残念ですね。
作品集「ゆめまぼろし」の発表後に判明した不完全作は下記の5作でしょうか。

68番「世界大戦」309手詰 (*初発表時原題「ギヤーチェンジ」)
87番「かぐや姫」97手詰
91番「楊貴妃」31手詰
99番「ゼロの焦点」103手詰

(他にもあるかな・・・?)

「ゆめまぼろし」が出版された2006年当時は、すでにPCソフトによる完全検討は一般的でしたし、駒場氏自身ソフトウェアで検討されていたはずなので、1990年代以前に出版された作品集に比べれば不完全作の比率は低いとは思いますが、それでも長篇大作が多い作家の場合、完全率100%といかないのは致し方ないところです。

参考までに「世界大戦」、「かぐや姫」、「楊貴妃」の図面と手順にリンクを貼ります。

「世界大戦」
http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/kenkyu/cho052.htm

「かぐや姫」
http://homepage3.nifty.com/1banboshi/kifu4java/02kemuri/k056.html

「楊貴妃」
http://homepage3.nifty.com/1banboshi/kifu4java/01hadaka/h234.html

駒場和男氏「ゆめまぼろし」の不完全作

> 作品集「ゆめまぼろし」の発表後に判明した不完全作は下記の5作でしょうか。

自己レスです。

http://toybox.tea-nifty.com/memo/2006/06/post_7a6a.html

上記↑によると、この他、72番「けものみち」39手詰、77番「春雷」21手詰も変長の不完全作のようです。

ご参考まで。

名無しさんへ

「驟雨」について
「桜の花びらたち」の結果稿に関連した一節がありますので、下に掲げます。
作者=摩利支天氏、☆=大学院担当の風みどり氏です。

作者-作例としては、2作目となります。
☆駒場さんの「驟雨」は小駒煙を全駒に改作した図であり、途中で小駒煙になるわけではないはずだ。
「驟雨」(受賞図)
38角、同と、25角、同と、17飛打、同金、同飛、同玉、28金、26玉
☆ということで筆者は本作が1号局と判断した。

恐らく、摩利氏に「不満があった」訳ではないと思われます。


「ゼロの焦点」について
最初の方にある難解な変化が実は詰まなかった…というのでしたら分かるのですが、「ゼロの焦点」の余詰は収束部の複雑ではないものですので、不思議という感じはします。

「柿木将棋Ⅶ」が2002年・「柿木将棋Ⅷ」が2005年に発売されており、さらに「脊尾詰」というかなり強力(らしい)解図ソフトも早くから出ていたことを考慮しますと、「ゆめまぼろし百番の発売当時ソフトがなかった」というのは理由になりませんね。
ソフトによる検討は行われていたと思いますが、十分ではなかったということなのでしょうか。

駒場氏の作品は変化・紛れが多いので、見落としによって不完全作が出てしまうのは七條氏しかり、難解派作家の宿命なのかな…と思います。
発表図では不完全で、作品集収録時に修正したという作品も少なくなさそうですので、抜けが他にもあるのかもしれません。

墨江酔人氏の作品

この期に発表された長篇の中では、墨江酔人氏の [複合龍鋸 + 複合馬鋸] 作品 (昭和60年1月号95手詰。『将棋墨酔』第44番 ※) も特筆すべき作品だと思います。

※ 当初95手詰とされたが、後に作意手順の誤りが判明、『将棋墨酔』収録時に103手詰に訂正。

名無しさん

墨江氏の作品、集計表にはありますね。
私がまとめたならば「次々点」として収録していたことと思います。
追記しようと思い念のため解析させてみたところ、何と初手1二銀不成や7八馬などでも詰んでしまうようです。
残念でなりません。
プロフィール

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR