続・塚田賞作品の魅力(14)(近代将棋平成8年4月号)③

今回は長篇部門を取り上げます。
第64期(昭和59年7~12月号)

長篇賞 藤本 和作
「夢の旅人」



藤本 和作(昭和59年12月号) 詰手順
(1)4七馬 ②7八玉 5六馬 6七香合 同角 8七玉 6五馬 7七玉 5五馬 ⑩6八玉
6九歩 同玉 5八角 7八玉 4五馬 8七玉 5四馬 ⑱7六歩合(途中1図)

途中1図(18手目7六歩合まで)
第64期藤本氏作1

同角 7七玉 7八香 ㉒6八玉 6九歩 同玉(同様の「24手」反復)
3六馬4五馬……5四馬4四馬……3四馬4三馬
2五馬3四馬……4三馬3三馬……2三馬3二馬……」
1四馬 7八玉 2三馬 6七香合 同角 8七玉 3二馬 7七玉
(以上の80手をA手順とする)
2二馬 [82]6六香合(途中2図)

途中2図(82手目6六香合まで)
第64期藤本氏作2

同馬 6八玉 6九歩 同玉 5八角 7八玉 5六馬 8七玉 6五馬 7六歩合
同角 7七玉 7八香 6八玉 6九歩 同玉
(以上の18手をB手順とする)
(2)…A手順……B手順…… (3)…A手順……
2二馬 [278]6八玉 [279]6九歩 同玉
5八角 6八玉 6九香 7八玉 1二馬 8七玉 [287]8八香 同銀成 7六角 同玉
2一馬 7五玉 8七桂 同成銀 6五馬 8四玉 8三馬 7五玉 7六香 同玉
8五銀 7七玉 7六飛 同玉 6七金 7五玉 6六金まで307手詰
角か馬を引くしかない初形。5八角は7八玉、5六馬、8七玉、6五馬、7八玉…で千日手になるので、4七馬と引きます。
ここで②6八玉は6九歩、7八玉、5六馬、6七香合、同角…で簡単ですが、②5八香合の変化が厄介。これは同角、7八玉、6九角、7七玉、6七金、同玉、5八馬以下、かなり複雑ですが、何とか詰みます(手順省略)。
この変化を克服して、3手目の5六馬には焦点の6七香合が必然となり、同角に8七玉から6五馬5五馬で⑩8七玉と戻れば単純な馬鋸ですが、6八玉…6九歩…5八角…として4五馬5四馬。ここで⑱7七玉なら4四馬…と横三段馬鋸になりますが、7六歩合が入り(途中1図)、同角…7八香(㉒同桂成は6七金、8六玉、8五金、同龍、8七歩、9五玉、9六歩、8四玉、8三銀成以下)…6九歩…まで来ると漸く作者の意図が見えてきました。
つまり、初形から24手で持駒の歩が一枚減って6五馬5四馬に移動しただけ。この間、焦点の捨合と角移動を絡めながら、馬が4七→5六→6五→5五→4五→5四と動く<六段馬鋸>の壮大な趣向なのです!
同様の手順を繰り返して、3六→4五→5四→4四→3四→4三、さらに2五→3四→4三→3三→2三→3二へと進め、四回目に1四→3二→2二まで馬が行ったところで、これまで通り[82]6八玉…なら1二桂が取れて早く収束に入ります。
この桂を取られまいとする応手が6六香合(途中2図)です。これを同馬と取って同様の手を進めると、98手目には盤面は最初と全く同じ状態ですが、持駒の歩四枚が減って香が一枚加わっています。即ち、百手近い手数をかけて歩四枚を香に換えるという大がかりなプロットなのです。
これを再度繰り返し、三回目に2二馬まで行ったとき、盤上は途中2図と全く同じですが、持駒が〔香香香歩〕になっているので、それまでのように[278]6六香合をすると、同馬、6八玉、5八金、6九玉、5九金、同玉、7七馬に対して(それまでは6八香合で逃れたが)6八銀成の一手になって、1九飛、3九金合、同飛、同歩成、6八馬、同玉、6九香以下の早詰になります。
そこで、ついに1二桂を取る順になってやっと収束へ向かいます(なお[279]6九香、[287]8八歩も成立)。詰上りはちょっと呆気ない感じもしますが、香と歩の捨合付きの角の三段移動(5八→6七→7六)と絡めた<複合六段馬鋸>という斬新なプロットに、6六香合をいれることによってこれを三回も繰り返す雄大な長長篇となり、しかも解答者の殆どが短絡手順に陥って正解者が僅か二名しかなかったという大傑作です。
なお、題名はポール・マッカートニーとウイングスの曲から採ったものだそうです。
岡田敏「雄大な馬鋸で98手もかけて歩四枚を香に換えるというプロットが三百手越えの大作に仕上がる6六香の捨合に詰将棋の奥の深さを感じた」
植田尚宏「馬鋸趣向だが力作。何と言っても三百手を越すスケールの大きさに圧倒される」


特技賞 小沢正広作


小沢正広作(昭和59年11月号) 詰手順
①3四飛 ②3二歩合 4三桂 4二玉 5一銀 5三玉 5四飛打 6三玉 6四飛 7二玉
7三歩 8二玉 8三歩 9二玉 9三歩 9一玉(途中図)

途中図(16手目9一玉まで)
第64期小沢氏作

8二歩成 同玉 6二飛成 8三玉
9二龍 7三玉 6二銀 6三玉 8三龍 6二玉 6四飛 5二玉 5一桂成 4二玉
4四飛 3一玉 4一成桂 2一玉 2二歩 1一玉 1四飛 1二銀合 同飛成 同玉
1三銀 1一玉 2一歩成 同玉 2三龍 1一玉 1二龍まで47手詰
初手から①3二歩、同玉、3四飛、3三歩合、3一飛、同玉、3三飛成、3二金合、4二銀、2一玉、1三桂、1一玉、1二歩、同玉、3二龍…という筋に入るとなかなか抜けられません。これを諦めて3四飛と打ってみると、4一玉なら5三桂…で早いので3二合の一手。とりあえず歩合をしてみると、4三桂…5一銀…5四飛打…6四飛…となり、さらに歩を三枚並べるところ(途中図)までは殆ど渋滞なく辿りつきます。
そのあとは8二歩成から6二へ飛車を成り込んで、銀と桂を再活用しながら龍と飛車で1一まで追い戻し、1四飛で1二銀(金)合を得て終わります(角合は二通りの詰あり)。
ところで、②3二桂合なら右の手順の5四飛打のときに4三玉と戻られて詰みません。そこで2三桂と打ち、4二玉は4三銀、5三玉、5四銀成、6二玉、3二飛成以下。4一玉は3一飛、5二玉、3二飛引成、4二歩合、5三歩、6一玉、6四飛、6二歩合、4一龍、7二玉、6三銀以下、いずれも大変です。
また、②3二銀合なら歩合のときと同様に追って、8手目6三玉のところで6二銀成以下。②3二香合なら同様に19手目6二飛成に代えて3二飛成…として、いずれも早い。
②3二金合のときは、2二銀、4二玉、3二飛成…で大捕物になります。
これだけの変化があっても綺麗に割り切れており、すっきりした歩合の手順が作意という裸玉図式の中でも最高の傑作です。
柏川香悦「最長手数の裸玉は価値ある」
谷口均「裸の小沢氏がついに大ヒットを出した感じ」
金田秀信「作者には今様”裸の王様”の称号を与えたい」



現在の裸玉最長手数作は、詰将棋パラダイス平成15年11月号に発表された岡村孝雄氏作「驚愕の嚝野」(改良図)です。


原図の地点で50手越えでしたが、翌年に4手伸ばした5一玉型の改良図を発表されたのですからまさに驚愕です。


追記(9月20日)
3作を追加して掲載したいと思います。

まず、長篇次点の山腰雅人氏作「竜神台」(昭和59年10月号)です。

飛不成27回は現在においても破られていません。

次に、長篇次々点の添川公司氏作「オルゴール」(昭和59年10月号)です。



最後に杉山正氏作「彷徨」(昭和59年11月号)も掲載します。



次回からは第15回(第65期)に入ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小沢正広氏作品

小沢氏の作品は当時の裸玉最長手数記録でした。
現在でも、岡村孝雄氏の「驚愕の曠野」改良図59手詰に次ぐ第2位だと思います。

裸玉にしては、比較的難解ではないので、好きな作品の一つです。
敢えて言えば、2手目金合の変化がやや大変ですが、これは難解というより、「手が広い」変化。
2枚飛車が強力なので追い回せば自然に詰みます。

裸玉では、攻方・玉方とも、打った駒が大量に盤上に残り、詰上りの図面が「汚く」なりがちなのですが、この作品の場合詰上りの駒数が比較的少なく、すっきりしているのも好きなところです。

64期長篇賞の受賞に漏れた名作群

第64期の長篇には、この他にもいくつか記憶にとどめるべき作品がありますので、参考までにご紹介します。

(1) 山腰雅人氏作 「竜神台」 105手詰。
  http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/challenge/c4013.htm
  攻方の飛不成回数 (27回) の記録作です。

(2) 添川公司氏作 「オルゴール」 97手詰。
  小駒図式の持駒変換趣向作です。ネット上に公開されているデータはないようです。

(3) 杉山正氏の一連の長篇作品。
この期は3作が候補作としてエントリーされていますが、「彷徨」81手詰が最も評価が高かったと記憶しています。杉山氏は当時、発表作のすべてが小駒図式であったため、「小駒の詩人」と賞賛されていました。

名無しさんへ

小沢氏作、詰上り6枚というのはすっきりした印象がありますね。

ご教示頂いた作品、もし手元にデータがあれば追記として掲載していきたいと思います。

No title

データが見つかったので、「竜神台」「オルゴール」「彷徨」を掲載いたしました。
この期、杉山氏の発表は「向日葵」「彷徨」「カスタネット」の3作ですね。
プロフィール

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR